県立広島大学ホームページ

■新着更新情報
台風等非常時における授業の取扱いについて

各キャンパスにおける台風等非常時における授業の取扱いについては,次のとおりとする。

広島キャンパス

重大な災害の危険性が著しく高まっている場合,台風の接近又は公共交通機関の運休その他不測の事態が生じた場合において,県立広島大学広島キャンパスで行う授業(学期末試験を含む。以下「授業」という。)の実施が困難な場合における授業等の取扱いに関し,必要な事項を定める。

1 授業の取扱いについて

(1) 暴風警報等の発令による休講措置

広島地方気象台から広島市に「特別警報」,「暴風警報」,「大雪警報」又は「暴風雪警報」のいずれかが発令された場合は,次のとおり休講措置を講じる。

(2) 交通機関の運休による休講措置

広島電鉄の電車(1・3・5号線)・バス(12号線(戸坂〜仁保方面))及び広島バス(31号(翠町)線)のすべてが運行を停止した場合は,次のとおり休講措置を講じる。

(3) 休講措置に伴う補講

休講となった授業については,補講を行うこととする。

(4) 他キャンパス発信の遠隔講義の場合

遠隔講義の実施の有無にかかわらず,広島キャンパスでは上記の扱いとし,補講等については,後日調整を行う。

(5) 学外実習の場合

教育実習,インターンシップ等の学外実習の場合は,実習先指導者の指示に従うものとする。

2 その他の緊急事態

地震等の緊急事態が発生し,授業の実施に支障があると認められる場合の休講等の措置については,副学長(教育・学生支援担当)が決定する。

3 休講措置の周知方法等

  1. 学生及び教職員は,マスメディア等により警報発令状況等を確認し,適切に対応すること。
  2. 教学課は,掲示,Eメール,学生用ポータルサイト,学内放送等により速やかに学内に周知する。
  3. 教学課は,休講となる授業の非常勤講師に対して,速やかに周知する。

4 その他

台風等非常時における授業の取扱いについて [PDFファイル/162KB]

 庄原キャンパス

重大な災害の危険性が著しく高まっている場合,台風の接近又はスクールバスの運休その他不測の事態が生じた場合において,県立広島大学庄原キャンパスで行う授業(学期末試験を含む。以下「授業」という。)の実施が困難な場合における授業等の取扱いに関し,必要な事項を定める。

1 授業の取扱いについて

(1) 暴風警報等の発令による休講措置

広島地方気象台から庄原市に「特別警報」が発令された場合,「暴風警報」及び「大雨警報」が同時に発令された場合,又は「暴風雪警報」,「大雪警報」のいずれかが発令された場合は,次のとおり休講措置を講じる。

(2) スクールバスの運休による休講措置

スクールバスが運行を停止した場合は,次のとおり休講措置を講じる。

(3) 休講措置に伴う補講

休講となった授業については,補講を行うこととする。

(4) 他キャンパス発信の遠隔講義の場合

遠隔講義の実施の有無にかかわらず,庄原キャンパスでは上記の扱いとし,補講等については,後日調整を行う。

(5) 学外実習の場合

教育実習,インターンシップ等の学外実習の場合は,実習先指導者の指示に従うものとする。

2 その他の緊急事態

地震等の緊急事態が発生し,授業の実施に支障があると認められる場合の休講等の措置については,学部長が決定する。

3 休講措置の周知方法等

  1. 学生及び教職員は,マスメディア等により警報発令状況等を確認し,適切に対応すること。
  2. 教学課は,掲示,Eメール,学生用ポータルサイト,学内放送等により速やかに学内に周知する。
  3. 教学課は,休講となる授業の非常勤講師に対して,速やかに周知する。

4 その他

台風等非常時における授業の取扱いについて [PDFファイル/131KB]

三原キャンパス

 台風の接近,その他不測の事態が生じた場合において,県立広島大学三原キャンパスで行う授業(学期末試験を含む。以下「授業」という。)の実施が困難な場合における授業等の取扱いに関し,必要な事項を定める。

1 授業の取扱いについて

(1) 休講について

 広島地方気象台から三原市に「特別警報」,「暴風警報」のいずれかが発令された場合,警報発令後に開始する授業を休講とする。
 ただし,「特別警報」が発令された場合は,直ちに休講とする。

(2) 警報解除等に伴い,授業を実施(再開)する場合

(3) 休講措置に伴う補講

 休講となった授業は,原則として補講を行うこととする。

(4) 他キャンパス発信の遠隔講義の場合

 遠隔講義の実施の有無にかかわらず,三原キャンパスでは上記の扱いとし,補講等については,後日調整を行う。

(5) 学外臨床実習の取扱い

 実習担当教員は,学科長と協議しながら各実習施設の状況等により休講等の措置を決定し,学科長は,このことを学部長に報告する。

2 その他の緊急事態

 地震等の緊急事態が発生し,授業の実施に支障があると認められる場合の休講等の措置については,学部長が決定する。

3 休講措置の周知方法等

  1. 学生及び教職員は,マスメディア等により警報発令状況等を確認し,適切に対応すること。
  2. 教学課は,掲示,Eメール,学生用ポータルサイト,学内放送等により速やかに学内に周知する。
  3. 教学課は,休講となる授業の非常勤講師に対して,速やかに周知する。

4 その他

台風等非常時における授業の取扱いについて [PDFファイル/145KB]



2018年8月23日
「県立広島大学へのご支援」(寄附)に関するホームページを開設しました
2018年10月3日
【2018年度フィールド科学実習】(9) 後期の実習が稲刈りからスタート
2018年9月27日
【作業療法学科】特別臨床実習セミナーを開催しました
2018年9月23日
【人間福祉学科】学生インタビュー「三原キャンパスでの学び その3」
2018年9月20日
【人間福祉学科】学生インタビュー「三原キャンパスでの学び その2」
2018年9月18日
【人間福祉学科】社会福祉実習の紹介
2018年9月13日
(ご案内)社会政策学会 中四国部会
2018年9月12日
【作業療法学科】コミュニティカフェ講演会を開催しました
2018年8月17日
平成30年度学生表彰
2018年8月8日
【フィールド科学教育研究センター】広島キャンパス健康科学科から見学
2018年8月7日
【フィールド科学卒論】2018年度の学内公開中間発表会を開催
2018年8月1日
過去の試験問題を掲載いたしました
2018年7月31日
【人間福祉学科】学生インタビュー「三原キャンパスでの学び その1」
2018年7月27日
【2018年度フィールド科学実習】(8) 三次市「道の駅 ゆめランド布野」見学
2018年7月25日
「平成30年7月豪雨」に際する協定校等からのお見舞いメッセージへの御礼
2018年7月25日
【2018年度フィールド科学実習】(7)メロン 食品加工,収量・品質調査,野菜収穫等
2018年7月6日
【作業療法学科】学生がFMみはらに出演します
2018年7月4日
【2018年度フィールド科学実習】(6)食品衛生,ジャガイモ収量調査,病害虫防除と実際,野菜収穫等
2018年7月4日
【作業療法学科】卒業生による特別講義を開催しました
ページ: 1 [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]

[0]県立広島大学ホームページトップへ
公立大学法人県立広島大学

■広島キャンパス
〒734-8558
広島県広島市南区宇品東一丁目1番71号
Tel:082-251-5178
メールでのお問い合わせ

■庄原キャンパス
〒727-0023
広島県庄原市七塚町5562番地
Tel:0824-74-1000
メールでのお問い合わせ

■三原キャンパス
〒723-0053
広島県三原市学園町1番1号
Tel:0848-60-1120
メールでのお問い合わせ