ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人間文化学部 > 健康科学科 嶋本先生,菅原先生,増山先生の最終講義が行われました

健康科学科 嶋本先生,菅原先生,増山先生の最終講義が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月25日更新

平成28220(土曜日)に,人間文化学部健康科学科 嶋本文雄先生,菅原芳明先生,増山悦子先生の最終講義が,広島キャンパス2143大講義室にて行われました。

会場には,在学生や教職員のほか,多くの卒業・修了生や関係者の方々にお集まりいただきました。

最終講義は,午前10時より,増山先生の「細胞運動研究から見えてきたこと―虚心坦懐の境地―」,午後1時より,嶋本先生の「健康学の病理学的考察―ここで私が学んだ健康学について―」,午後3時より,菅原先生の「A 30-Year Study Journey with my Students」が行われました。

先生方の穏やかでユーモアにあふれた口調ながらも,研究に対する真摯な想いや学生への力強いメッセージがふんだんに盛り込まれた講義に,会場は盛況となりました。

最終講義を迎えられた嶋本先生,菅原先生,増山先生におかれましては,長年にわたりご尽力いただき誠にありがとうございました。先生方の今後のご健勝とますますのご活躍を祈念いたします。

また,ご参加いただきました皆さまには,この場をお借りして厚くお礼申し上げます。

増山先生の講義の様子 増山先生へ花束の贈呈

嶋本先生の講義の様子 嶋本先生へ花束の贈呈

菅原先生の講義の様子 菅原先生に花束贈呈


このページのトップへ