ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人間文化学部 > 健康科学科の学生が食育プロジェクトポスターセッションに参加しました

健康科学科の学生が食育プロジェクトポスターセッションに参加しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月17日更新

健康科学科の学生にポスターセッションの様子をレポートしてもらいました。

私たちは広島市が推進する食育プロジェクトに参加し,1年間活動をしてきました。この活動を311日(金曜日),フジグラン広島で行われた食育プロジェクトポスターセッションで報告しました。

私たちのプロジェクト名は「もっと知ろう うまいひろしま」です。広島県の食材について知ってもらい,選んでもらうようになることを目的にしました。広島県産の食材を使用したレシピ開発,学生食堂等で料理の提供,資料の配布・説明などをし,広島県産の食材をピーアールしました。

当日は約300名の来場があり,「いろいろな団体と連携しているところがすばらしい」「レシピカードが素敵で作ってみたくなる」「広島県産の食材を使用した料理を食べに食堂に行きたかった」などの意見をいただきました。卒業後も食育に関する取り組みを続けていきたいと思います。

私たちの報告を聴いてくださいました皆さま,主催してくださいました広島市食育推進会議事務局様,連携しましたカゴメ株式会社中国支店様,JA全農ひろしま様,ご支援いただきました県立広島大学同窓会様に厚くお礼申し上げます。ポスターセッション

このページのトップへ