ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人間文化学部 > 【健康科学科】学生が“男の料理教室”の講師を務めました

【健康科学科】学生が“男の料理教室”の講師を務めました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月28日更新
健康科学科3年生が“男の料理教室”の講師を務めました。その様子をレポートしてもらいました。

チームおひさま4名が,12月14日(木曜日)に留学生会館で行われた“男の料理教室”に参加し講師を務めました。

今回のメニューは,さばの缶詰を利用し,魚の下処理をせず簡単にできるメニューを紹介しました。調理・試食をした後,一汁二菜と缶詰の利用方法についての話をしました。

参加者の皆さんからは,「若い方とできて楽しかったです」「缶詰を使う料理は簡単なので家でもやってみたいです」などと感想をいただきました。

当日行いましたアンケート調査によると,この料理教室に参加することによって,料理技術が向上するだけではなく,友人や知人ができるなど,生活に張り合いが出た方々が多くいらっしゃいました。さらに,一汁二菜を家庭で実践してみようと8割以上の方が思ってくださったので,私たちも参加してとてもよかったと思います。

参加者の皆さま,食生活改善推進員,大州地域包括支援センター,南保健センターの皆さま,ありがとうございました。
   料理教室の様子  当日の料理写真

このページのトップへ