ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人間文化学部 > 健康科学科の学生が開発したメニューの完成試食会を開催しました

健康科学科の学生が開発したメニューの完成試食会を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月6日更新

広島市の「20代のための食育プロジェクト」に参加している健康科学科の学生が考案したメニューの完成試食会を開催しました。この様子を学生にレポートしてもらいました。

カゴメ株式会社中国支店とJA全農ひろしまと共同で開発したメニューの完成試食会が723日(木曜日)に行われました。

前回の打ち合わせでいただきました意見をふまえ,試行錯誤しながら改善しました。 『焼いてみんさい♪トマなんばん』の魚料理と『ごろっと野菜のまっかなシチュー』の肉料理の2品が完成しました。

『焼いてみんさい♪トマなんばん』は魚離れが進んでいる中,広島県で漁獲量第1位のかたくちいわしを使い,子どもからお年寄りまで幅広い年代の方に食べてもらえるようなレシピにしました。

『ごろっと野菜のまっかなシチュー』は寒くなった時期に家族みんなで温まるようなレシピにしました。

どちらの料理も広島県産の食材をたくさん使っており,調理方法も簡単にできる工夫をしていますので,ぜひ多くの方に作ってほしいです。

今後,地域の高齢者の方との料理教室や本学の食堂での提供,県内の量販店や産直市でレシピカードを設置するなどしてこれらの料理を広めていきたいと考えています。

調理の様子  商品と完成した料理

           調理の様子               使用した県産野菜・カゴメ(株)商品と完成した料理

この様子は中国新聞に掲載されました。


このページのトップへ