ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人間文化学部 > 健康科学科4年生が公民館での料理教室で講師を務めました

健康科学科4年生が公民館での料理教室で講師を務めました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月24日更新

健康科学科公衆栄養学研究室の学生4名が,820日(木曜日)に南区の大河公民館で行われた“にこにこクッキング”に参加し,講師を務めました。にこにこクッキングは高齢者男性による自主グループで,月に一度集まって料理を作っています。

この日はカルシウムをテーマとした献立で,ごはん,いわしの南蛮漬け,小松菜とえのきのごま和え,牛乳茶碗蒸しを作りました。学生は,作り方の説明を行った後,参加者と調理,試食を行い,最後にカルシウムについての講話をしました。

参加者からは,「どの料理もすごくおいしかった」「若い人たちと話したり料理をすることで,活力が出た」「カルシウムについての話が分かりやすく,これから意識して摂ろうと思った」「また来てほしい」などといった感想を頂きました。

この料理教室を通して,参加者の方とたくさんのお話をさせていただき,とても楽しい時間を過ごすことができました。

今後も,地域の方と一緒に料理教室を行う予定です。

参加者のみなさま,翠町地域包括支援センターのみなさま,ありがとうございました。

料理教室の様子 料理教室の様子2


このページのトップへ