ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人間文化学部 > 健康科学科の学生が考案したシチューを県庁食堂で提供しました

健康科学科の学生が考案したシチューを県庁食堂で提供しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月4日更新

健康科学科の学生に,活動の様子をレポートしてもらいました。

 

私たちが考えた「ごろっと野菜のまっかなシチュー」を,平成271127日(金曜日),広島県庁の食堂で,特別定食として50食限定で提供していただきました。また,家庭でもつくってもらえるように今回食堂で提供したレシピを配布しました。

この取り組みは広島県食育推進計画(第2次)で食育推進にあたっての重点目標の1つ「野菜摂取量の増加」を図るためのものです。広島県,カゴメ株式会社中国支店,JA全農ひろしまとの連携で行われました。

県庁で働いている方や,地域の方々などたくさんの方に食べていただくことができました。「おいしかった」「野菜のたっぷり入ったシチューを家庭でも作りたい」という感想をたくさんいただき,とてもうれしく思いました。

「ごろっと野菜のまっかなシチュー」は広島県庁の食堂受託業者(株)加茂川様が調理してくださいました。ご協力いただいた皆さん,そして食べてくださった皆さん,ありがとうございました。

ごろっと野菜のまっかなシチュー 活動の様子


このページのトップへ