ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人間文化学部 > 【国際文化学科】大学間英語発表イベント第8回OPPイベントで、国際文化学科の学生10人が英語劇『へそまがり昔ばなし』を上演しました

【国際文化学科】大学間英語発表イベント第8回OPPイベントで、国際文化学科の学生10人が英語劇『へそまがり昔ばなし』を上演しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月26日更新
 12月11日(日曜日)、広島国際大学呉キャンパスにて、第8回Oral Presentation & Performance (OPP)イベントが開催され、本学、安田女子大学、広島工業大学、広島国際大学、広島市立大学、山口大学、山口学芸大学、海上保安大学校の学生およそ100名が集まり、それぞれ独自の英語によるパフォーマンスを披露し、日頃の英語学習の成果を発表しました。歌、演劇、スピーチ、チャンツ、ミュージカルなど、各大学がユニークな活動を披露し、たいへん活気に満ちた発表会になりました。
 このOPPイベントは、公的な研究費を得て、英語教育における協働学習活動とその教育的効果を理論化するために、広島地区の大学の教員による共同研究の一環として、毎年この時期に行われています。
 本学からは、吉本教授の指導のもと、1、2年生10名がロアルド・ダールの『へそまがり昔ばなし』(Roald Dahl’s Revolting Rhymes) より「赤ずきんちゃんとオオカミ」「三びきのコブタ」「シンデレラ」の3話を英語で演じました。
 ロアルド・ダール(1916-1990)は、『チャーリーとチョコレート工場』の映画化などで有名になったのでご存知の方も多いでしょう。ダールはこの『へそまがり昔ばなし』で、世界中でよく知られている昔ばなしに独特のひねりを加えて、おかしくてちょっと怖いパロディに仕上げています。学生たちの熱演に、会場からは笑いと歓声が上がっていました。
 最後にThe Beatlesの歌を全員で大合唱し、その後、懇親会で大学間の親睦を深め、来年の再会を期して閉幕しました。
熱演する県立広島大学の学生
熱演する県立広島大学の学生
熱演する県立広島大学の学生
県立広島大学の学生たち
最後にビートルズの「ヘイ・ジュード」をみんなで大合唱

このページのトップへ