ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人間文化学部 > 【国際文化学科】「アメリカ文学リーダーズ・クラブ『ライ麦畑でつかまえて』を読んでみた」開催報告

【国際文化学科】「アメリカ文学リーダーズ・クラブ『ライ麦畑でつかまえて』を読んでみた」開催報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月10日更新
2018年7月21日(土)、広島県立図書館と県立広島大学の連携講座「アメリカ文学リーダーズ・クラブ『ライ麦畑でつかまえて』を読んでみた」を開催しました。

1950年代に発表されたサリンジャーの名作『ライ麦畑でつかまえて』を読み、学生、教員、高校生、一般市民がそれぞれの立場から意見交換を行うこのイベントに、国際文化学科3年次配当科目「異文化コミュニケーション論基礎演習」の受講生5名が参加し、それぞれ意見を発表しました。

一般市民の方を前に発表するのは、大学の授業での発表とは雰囲気も異なるためか、発表前の5名は緊張の面持ちでしたが、発表が始まってしまえば堂々と授業での学びを話していました。講座受講者によるアンケートでも「大学生の話が聞けてとても良かった」というコメントをいただきました。ご来場くださった参加者のみなさま、どうもありがとうございました。
発表している学生の様子
講座終了後の記念写真

このページのトップへ