ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大学院 総合学術研究科 > 大学院(生命システム科学専攻博士課程前期(修士課程))における学位取得のための講義を英語で実施する留学生受入制度を導入します

大学院(生命システム科学専攻博士課程前期(修士課程))における学位取得のための講義を英語で実施する留学生受入制度を導入します

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月18日更新

1 概 要

 本学のグローバル化を一層促進するため,平成26年度から学位を取得するための講義を英語で実施するなどの新たな留学生受入制度を,大学院に導入します。中国地方の公立大学大学院として,国際関連分野以外では初めての実施となります。

取り組み内容

導入するコース

   大学院(生命システム科学専攻博士課程前期(修士課程))

実施時期

   平成26年度後期から(秋入学の実施)

定員

   5名程度(予定)

対象

  県立広島大学の国際交流協定締結校から受入れる留学生(日本人学生の参加も可。日本語を習得していない留学生の受入が可能となる)

2 取組による効果

  • 留学生の存在は,異文化交流,勉学意欲の向上,グローバルな海外への視野の拡大,英語コミュニケーション力の向上など,日本人学生への教育的効果が非常に高い。
  • 講義を英語で実施することで,母国で日本語を習得していない留学生の受け入れが可能となる。

3 今後のスケジュール

  • 平成26年5月 募集開始
  • 平成26年7月 平成26年度秋季募集(入学試験)の実施

 


このページのトップへ