ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【人間福祉学科】カリキュラムの特徴を紹介します

【人間福祉学科】カリキュラムの特徴を紹介します

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月24日更新

人間福祉学科では,保健医療福祉分野で活躍するソーシャルワーカーを養成します。

ソーシャルワーカーは,様々な生活上の困難を抱えた人に対して相談援助を行う専門職です。

病気や障害,失業などの生活上の困難は,誰でも直面する可能性があるものです。
ソーシャルワーカーは,困難を抱えた本人やその家族から話を聴き,本人と家族の生活を支える支援をしていきます。

2つの国家試験受験資格が取得できます

ソーシャルワーカーの国家資格に,社会福祉士と精神保健福祉士があります。
人間福祉学科では,両方の国家試験受験資格が取得できます。

人間福祉学科におけるソーシャルワーカー養成教育の特徴

人間福祉学科におけるソーシャルワーカー養成教育の特徴は,次の4点です。
(1)少人数での教育・研究
(2)専門教員の充実
(3)医療と連携できるソーシャルワーカー養成
(4)実践的に援助技術を学ぶ授業の充実

体系的なカリキュラム構成

専門的理論を学ぶ科目と実践スキルの習得を図る科目を体系的に配置したカリキュラムを構成しています。

人間福祉学科のカリキュラムを紹介する資料を作成しました。
是非,ご確認ください。

このページのトップへ