ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【看護学科】第6回ものづくり日本大賞で、看護学科の井上誠准教授が中国経済産業局長賞を受賞しました

【看護学科】第6回ものづくり日本大賞で、看護学科の井上誠准教授が中国経済産業局長賞を受賞しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新
第6回ものづくり日本大賞受賞者決定のお知らせ
平成27年10月28日
中国経済産業局地域経済部 地域経済課

 第6回ものづくり日本大賞の受賞者が決定しました。
 「ものづくり日本大賞」とは、我が国の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきた「ものづくり」を着実に継承し、さらに発展させていくため、「ものづくり」に携わっている人材のうち、特に優秀と認められる人材を表彰する平成17年に創設した制度です。 看護学科の井上誠准教授がコーポレーションパールスターとの共同制作で中国経済産業局長賞を受賞しました。
 なお、全国315件の応募があり、中国地域から19件が受賞しました。平成27年11月25日(水曜日)にホテルメルパルク広島にて中国地域における受賞者顕彰・表彰式が開催されました。

※全国の受賞案件については経済産業省のウェブサイトを御覧ください

このページのトップへ