ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 日本理学療法学生協会(JPTSA)の理事大学としての活動2017

日本理学療法学生協会(JPTSA)の理事大学としての活動2017

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月2日更新

日本理学療法学生協会(JPTSA)の理事大学としての活動2017

         学生1   

JPTSA2017年度理事

3年次生 南都 浩哉さん

 日本理学療法学生協会(JPTSA)は、理学療法士を目指す学生同士の交流・情報交換の機会を増やす事により、学生の視野の拡大及び理学療法に対する意識の向上・啓発を目的とした学生主体の団体です。
県立広島大学は設立当初から理事大学として参加しており、私は2017年度の理事として運営に携わっています。
学内では学ぶことのできない新しい考え方や価値観に触れることで、自分のモチベーションアップにも繋がっています。また、大学で学んだことが自分の中で膨らんだり、意見をアウトプットして初めて気付くことが多くあります。
何よりも、全国各地のPTSとの繋がりが増えることが1番楽しいし、魅力だと感じています

 

 

学生2JPTSA2017年度理事

3年次生 田谷 勇哉さん

日本理学療法学生協会(JPTSA)は理学療法士を目指す学生同士の交流・情報交換等を行う学生主体の団体です.
主な活動として、全国の理学療法学生の意見交換の場である交流会を企画・運営することです.
私は2017年度の理事、中国支部長を務めています.
全国の理学療法学生が集まる総会の運営や、中国支部大会の開催に携わらせて頂きます。

学生3


このページのトップへ