ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【人間福祉学科】就職と国家試験合格実績紹介&7・8月告知

【人間福祉学科】就職と国家試験合格実績紹介&7・8月告知

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月19日更新

人間福祉学科の就職と国家試験合格実績を紹介します

人間福祉学科では,ソーシャルワーカー(社会福祉士・精神保健福祉士)を養成しています。

ソーシャルワーカーは,人々の生活課題を解決する仕事です。
4年間で様々な分野の専門科目を履修した後,それぞれの希望に沿って就職活動を行います。

人間福祉学科の就職率は,100%です。

社会福祉士は,従来の高齢者や障害者の施設の相談員,病院の医療ソーシャルワーカーに加えて,近年は県,市町村など行政の社会福祉専門職としての採用が増えています。
高齢者虐待,児童虐待の対応や,生活困窮者に対する自立支援など,より専門的な援助職としての需要が高まっています。
精神保健福祉士として,メンタルヘルス課題を抱える人や認知症高齢者,家族に対する相談援助職として活躍している卒業生も多数います。

国家試験合格率は,社会福祉士,精神保健福祉士とも,福祉系大学の中で常にトップレベルです。
平成28年度卒業生の社会福祉士合格率は77.8%(全国25.8%),精神保健福祉士合格率は96.2%(全国62.0%)でした。

大学案内2018でも,人間福祉学科の就職と国家試験合格実績を紹介しています

大学案内2018では,人間福祉学科の就職と国家試験合格実績をさらに詳しく紹介しています。
76頁を,是非ご覧ください。

人間福祉学科では,様々な体験や学びの機会を用意しています

人間福祉学科では現在下記の準備を進めています。

★県大へ行こう(7月20日-7月26日 学科説明・施設見学あり)
★高大連携公開講座(8月3日 テーマ:魅力あるソーシャルワーカーの仕事と対人援助の専門性)
★オープンキャンパス(8月9日 学生による発表,模擬講義,個別相談など)


7月,8月は様々な体験や学びの機会をご用意しています。
是非ご参加ください。お待ちしております。

このページのトップへ