ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【理学療法学科】第28回トライアスロンさぎしま大会に実行委員やボランティア,および選手として参加しました

【理学療法学科】第28回トライアスロンさぎしま大会に実行委員やボランティア,および選手として参加しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月7日更新

8月20日(日曜日)に第28回トライアスロンさぎしま大会が開催されました

トライアスロンさぎしま大会は三原市の佐木島にて毎年開催されています。
本学は例年実行委員やボランティア、および選手として大会運営や競技に参加しています。
理学療法学科からも実行委員やボランティアとして金井秀作教授、大塚彰名誉教授、武本秀徳助教の教員3名と学生63名が参加しました。
ボランティア2
ボランティアとしては,会場整備,参加者の受付,給水などといった選手のサポートという形で
お手伝いさせていただきました。
ボランティア1
選手としては,3名1チームとなり,水泳(1.5km),自転車(42km),ランニング(10km)をそれぞれが担当して
ゴールを目指す“チームリレー”部門に7チームが出場しました。
本学から出場したチームは皆かなり健闘しました。
特に理学療法学科の学部生と卒業生で構成されたチームは優勝することが出来ました。
メンバーは以下の通りです。

<優勝チームメンバー>
 ・ウイニング将さん(3年次生)
 ・坂本隆徳さん(平成28年度卒業生)
 ・千崎大輔さん(平成28年度卒業生)

昨年の最高順位が2位であったため,
雪辱を晴らす結果となったこと,努力が実ったことと
よく頑張りました。おめでとうございます。
選手
ボランティアや選手として精一杯頑張ってくれました。お疲れ様でした。
大会の運営にボランティアとして参加したこと,選手として事前に厳しい練習に
励んだことなど,多くのことを学ぶことができたと思います。
この経験は今後の学内での学修や実習・臨床などに活かせることも多いと思います。

このページのトップへ