ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【理学療法学科】講義・演習紹介(5)「理学療法総合演習Ⅱ」

【理学療法学科】講義・演習紹介(5)「理学療法総合演習Ⅱ」

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月2日更新
理学療法学科のカリキュラムは,理学療法士養成に必要な授業科目を必修とし,1年次から4年次まで系統立てて学ぶ構成となっています。

今回は専門科目のひとつである「理学療法総合演習Ⅱ」(金井秀作教授・学科長,他)について紹介します。

「理学療法総合演習Ⅱ」は,理学療法学科4年次後期科目で,これまでに学修した医学的基礎知識,理学療法専門知識を整理し,国家試験に向けた準備および対策を目的としています。
理学療法総合演習2
第1回目では,本演習の内容や国家試験合格に向けた学修方法のポイントなどのガイダンスを中心に行いました。

第2回目以降は実際の国家試験に合わせた模擬試験も実施します。

さらに,複数の教員がオムニバス形式で担当し,模擬試験の解答・解説やグループ学修形式の演習も積極的に行っていきます。


【過去の講義・演習紹介はこちら】

講義・演習紹介(1)「理学療法模擬患者演習Ⅱ」
講義・演習紹介(2)「運動学実習」
講義・演習紹介(3)「実践理学療法学特論Ⅰ」
講義・演習紹介(4)「神経内科学Ⅰ」

このページのトップへ