ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【理学療法学科】3年次生が模擬患者演習を行いました

【理学療法学科】3年次生が模擬患者演習を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月28日更新
12月20日(水曜日)理学療法学科3年生が模擬患者(SP)演習を行いました.

SPとはSimulated Patientの略で,日本語では模擬患者と訳します.

理学療法学科では,平成21年度からNPO法人・響き合いネットワーク岡山 S P研究会の皆さんのご協力のもとSP演習を行っています.
普段の「理学療法模擬患者演習Ⅱ」の中では,学生同士で患者役や理学療法士役に分かれて
ロールプレイを行います.
今回は岡山SP研究会の方に6名の患者役を演じていただき,医療面接の演習を行いました.

学生同士での練習とは異なる緊張感のなか,学生は模擬患者さんとの演習に臨んでいました.

演習終了後,各学生に今回の演習を通じて感じたことや実習に向けて取り組んでいきたいことなどを話してもらいました.
SP演習
岡山SP研究会の方からも,今回の演習を通じて感じたことをお話して頂きました.

今回のSP演習を通して,それぞれのコミュニケーション面の良い点や課題を見つめ直すきっかけになって欲しいと思います.

このページのトップへ