ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【人間福祉学科】授業紹介_社会福祉援助技術演習Ⅱ

【人間福祉学科】授業紹介_社会福祉援助技術演習Ⅱ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月30日更新

ソーシャルワーカーに必要な技術を体験的に学びます

人間福祉学科のカリキュラムには,「講義」や「実習」のほか,教室内でソーシャルワークの技術を体験的に学ぶ「演習」という科目があります。2年生の「社会福祉援助技術演習Ⅱ」(担当:永野なおみ,松宮透高)では,対人援助の技術を学びます。対人援助の技術には,面接技法やグループを活用して援助する技術などがあります。

グループワークの演習をしました

後期第15回目の最終授業(担当:松宮)では,グループワークの演習を行いました。グループワークでは,グループメンバーが自分の思いを語り,他のメンバーの語りを聴き,交流を深めながら,他者との関係の中で各自が成長できるようソーシャルワーカーが支援します。

ソーシャルワーカー役の学生は,グループのメンバーが安心して語り合える雰囲気をつくろうと,工夫しながら演習に取り組んでいました。

自動車学校の構内教習のように,こうして安全な場所で失敗も含めた体験をした上で,この先の実習や現場という街に出かけて行きます。

授業風景

グループワークをする学生たち(その1)
グループワークをする学生たち(その2)

このページのトップへ