ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【人間福祉学科】学生インタビュー「三原キャンパスでの学び その3」

【人間福祉学科】学生インタビュー「三原キャンパスでの学び その3」

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月23日更新

学生インタビューから,三原キャンパスでの学びや学生生活について紹介します

三原キャンパスでの学びや学生生活について,現4年生が語ってくれました。学生の視点からの三原キャンパスの魅力や三原での生活などについて,何回かにわけてご紹介します。

学生支援サポートで,よかったものがあれば教えてください

チューター制が特によいと感じています。学期始めには必ずチューターの先生方との個人面談があり,定期的に学生と顔を合わせる機会があります。このような機会が相談しやすい環境につながっているかと思います。

県立広島大学の進路支援について,どんなところが充実していると感じますか

進路や将来のことに対して,入学後すぐはイメージをもちにくいと思いますが,1年生の頃からキャリアセンターの先生による「キャリアデベロップメント」という講義があり,社会人としてどのような力が必要なのか学ぶことができ,大学の4年間でどのようにしてその力を身につけていくかについて考えるきっかけを得ることができました。

公務員への就職に興味をもつ学生への支援も充実しています。キャリアセンターの先生による公務員に関するガイダンスや,現在公務員として活躍しておられる先輩や今年度公務員試験に合格した先輩による講話などを受けることができます。特に,先輩の講話では公務員試験の勉強方法やおすすめのテキストなど,先輩方の実体験をもとにした,貴重なお話を聴くことができ,とても参考になりました。

このページのトップへ