ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【人間福祉学科】学科教員が同窓会の講座で講師をつとめました

【人間福祉学科】学科教員が同窓会の講座で講師をつとめました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月13日更新
県立広島大学同窓会主催の健康講座が,10月30日火曜日,同窓生を対象に開催されました。講座2講目で,人間福祉学科の教員が講師を努めました。
(講師)人間福祉学科教授 金子努

(テーマ)人生100年時代,健康寿命を延ばすために何をなすべきか」

(講座内容の紹介)
講座では,フレイル(frailty:虚弱)対策について取り上げました。フレイルは「身体」の虚弱に加え、「精神」「社会性」の虚弱を含む概念です。フレイル対策には.社会参加と対話が重要であると具体例を交えて話されました。

参加者は広島女子大学同窓生を含む40名で、参加者のみなさんは,我が事として聞き入り,自身の生活をふりかえる機会となったようです。
講座で話す金子教授

このページのトップへ