ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【看護学科】「地域を主体とした多職種連携・協働による 地域包括ケアシステムの推進」開催のお知らせ

【看護学科】「地域を主体とした多職種連携・協働による 地域包括ケアシステムの推進」開催のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月2日更新
平成30年度 県立広島大学FD活動促進事業 保健福祉学部看護学科主催研修会

保健医療福祉施設等で勤務する専門職をはじめ教育関係者の皆さまを対象に研修会を開催します。
多くの皆さまと今後の地域包括ケアシステムの推進について考える機会となれば幸いです。
皆様のご参加お待ちしております。なお,参加費用は無料です。

日時

平成31年3月7日(木) 10:00~15:40 (開場 9:30)

場所

県立広島大学三原キャンパス1号館 1101講義室 (〒723-0053 三原市学園町1-1)

内容

第1部 講演(10:00~11:30)
演題:「長寿社会のまちづくり:地域包括ケア」
講師:東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授 秋山 弘子
第2部 講演(13:00~15:40)
演題:「地域包括ケアシステムにおける人材育成」
講師:尾道市立総合医療センター公立みつぎ総合病院 病院長 沖田 光昭
パネルディスカッション
テーマ:「その人らしい暮らしを支える多職種連携 ~それぞれの立場から見えるもの~」
パネリスト:医師及び本学卒業生である看護師,理学療法士,作業療法士,言語聴覚士,社会福祉士

申し込み方法

別紙申込書により,平成31年2月21日(木)までにメール又はFAXにてご連絡ください。
FAX :0848-60-1134   E-mail:nsfd@pu-hiroshima.ac.jp 

交通アクセス

駐車台数に限りがございますので,なるべく公共交通機関をご利用ください。
大学へのアクセスについてはこちらの「三原キャンパス」をご覧ください。

その他

昼食はご持参ください。

このページのトップへ