ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【三原キャンパス】特別講義「カープから学ぶ」を行いました

【三原キャンパス】特別講義「カープから学ぶ」を行いました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月9日更新

  平成29年11月8日(水曜日)に三原キャンパスにおいて,株式会社中国放送福山放送局長の上田雅文先生をお招きして,「カープから学ぶ」と題する特別講義を行っていただき,学生約100名が聴講しました。

特別講義の様子特別講義の様子

 上田先生は,以前,スポーツ記者として広島東洋カープを取材された御経験を基に,「カープの力」や「カープの強さの秘密」,更には1979年の日本シリーズ第7近鉄バファローズ対広島東洋カープの9回裏の攻防「江夏の21球」や,「村上春樹さんとカープとの関わり」などについて,分かりやすくお話ししていただきました。

 特別講義の様子特別講義の様子

 まとめとしては,「小さくともローカルで生きる」「事前準備と気持ちがすべて」「大恥も人生の糧で武器に替える」「人は機会で育つ」などのことが大切であると述べられ,最後に広島東洋カープの松田オーナーの「若い人へ」の言葉を引用されるなど,学生にとって大変有意義な特別講義となりました。
  講義終了後は,学生から,「取材で苦労したこと」や「印象に残った試合」について質問があり,質問した学生にはTシャツがプレゼントされました。

特別講義の様子特別講義の様子


このページのトップへ