ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【三原キャンパス】コツコツ健康増進号が出動しました

【三原キャンパス】コツコツ健康増進号が出動しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月7日更新

本学の平成30年度の重点事業として,「広島県産レモンによる健康創生プロジェクト」(愛称:診る見る健康プロジェクト)に取り組んでいます。このプロジェクトは,広島県民の皆さんへ健康に対する「気づき」を促し,「健康」への意識を高めていただくことを目指すものです。

本学保健福祉学部(三原キャンパス)を起点として,このプロジェクトを広島県内へ広げるため,骨密度測定装置,内臓脂肪測定装置,動脈硬化測定装置,認知症測定装置等を搭載した健康増進車(愛称:コツコツ健康増進号)で広島県内各地を移動して測定します。

本学は,この取組を通して広島県民の皆さんが各地で健康を意識する「健康まちづくり」の形成につなげ,その拡大に貢献します。

この取組の一環で,平成31年2月2日(土曜日),三原市芸術文化センターポポロで開催された「びんご圏域地域包括ケアチャレンジフォーラム」(三原市主催)で骨密度測定を行いました。2時間で40人の方に参加していただき,大変賑わいました。

 ① ②

 ③

 


このページのトップへ