ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【理学療法学科】義肢装具学の特別講義 『障がい者スポーツと義肢装具』 を実施しました

【理学療法学科】義肢装具学の特別講義 『障がい者スポーツと義肢装具』 を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月25日更新

平成28年7月4日に『障がい者スポーツと義肢装具』というテーマで特別講義を実施しました

講義1
A-pfeile 広島AFCより坂光代表,奈良原選手,谷口選手,片岡選手,スタッフとして増上様にお越し頂き,
障がい者スポーツを取り巻く環境,普及のための活動,スポーツの意義など多岐に渡る内容について,
理学療法士としての視点,選手としての視点からご講演頂きました.
講義2
また,講義後にはアンプティサッカーの体験会を行いました。杖の設定,準備体操,杖を使った走行練習,
パス練習,ドリブル練習の後,ミニゲームを行いました。選手のスピードや強さに圧倒されながらも学生,
選手,教員,皆で楽しみながらアンプティサッカーに没頭しました.
講義3
講義4
ゲーム後の記念に一枚!!
集合写真
なお,県立広島大学理学療法学科では障がい者スポーツサークル(アダプテッドスポーツクラブ:ASC)を設立し,
その普及と支援活動を行っています.今後も益々活動の輪を拡げていきたいと思います.
インタビュー
また,A-pfeile広島AFCの活動の様子が『24時間テレビ(広島テレビ)』にて放映される予定です.
放映予定は平成28年8月28日11時30分~12時30分頃です.

このページのトップへ