ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【理学療法学科】「ドイツで老後を迎える日本人国際研究集会」に本学科教員が参加しました

【理学療法学科】「ドイツで老後を迎える日本人国際研究集会」に本学科教員が参加しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月25日更新

金井秀作教授と岡村和典助教がドイツで講演を行いました

平成30年9月15日(土曜日),ドイツのハイデルベルクにて,本学人間福祉学科の三原博光教授が主催する
「ドイツで老後を迎える日本人国際研究集会」が開催されました.
三原教授の講演
この研究集会には,理学療法学科の金井秀作教授と岡村和典助教も参加し,認知症・フレイル予防に関する講演を行いました.
金井教授と岡村助教の講演
また,ドイツの高齢者施設や介護士養成施設などを訪問し,日独の情報交換を行い交流を深めました.
介護士養成施設訪問
今回の研修で得られた経験を,今後の日本での教育,研究活動に活かしていきたいと思います.

そして,今後も国際交流活動へ積極的に参加していきたいと思っています.

このページのトップへ