ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【理学療法学科】重点研究事業(地域課題解決研究)の活動報告

【理学療法学科】重点研究事業(地域課題解決研究)の活動報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月11日更新

理学療法学科の4年次生が介護予防事業の調査に参加しました

重点研究事業(地域課題解決研究)とは,広島県内の地方公共団体等から提案された地域課題に取組む事業です.
理学療法学科では,平成28年度から地域戦略協働プロジェクトの一つとして,尾道市シルバーリハビリ体操事業の効果検証を行ってきました.
シルバーリハビリ体操事業は,まず介護予防体操を普及させるためのシルバーリハビリ体操指導士を地域在住高齢者の中から養成し,その後,体操指導を通じて地域在住高齢者が相互に介護予防を図る取組みのことです.尾道市では平成25年度より尾道市シルバーリハビリ体操事業を実施しています.
今年度より理学療法学科では,重点研究事業の一つとして,尾道市シルバーリハビリ体操事業の効果検証を発展させ,シルバーリハビリ体操を指導する指導士自身の身体的および健康心理学的特性についてさらなる調査を行っています.
説明時の様子
まず,本事業の代表教員から本事業の目的ならびに内容について説明を実施しました.

続いて,4年次生が30秒間立ち上がり回数や握力等の測定を実施しました.
測定会の様子
今後も,尾道市シルバーリハビリ体操事業の効果検証のため,調査を継続していきます.

このページのトップへ