ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【作業療法学科】学生がRUN伴三原に参加しました

【作業療法学科】学生がRUN伴三原に参加しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月22日更新

2018年10月21日(月曜日)にRUN伴(らんとも)三原が開催され,作業療法学科の学生10名が参加しました。
RUN伴は,北海道から沖縄まで認知症の人と家族,支援者や一般の人がタスキをつなぐイベントで,認知症になっても住みやすい地域づくりを目指しています。
学生は,市内の約8kmを走ったり,歩いたりする参加者を自転車に乗って伴走したり,車いすを押したりしながらサポートしました。
ゴール地点のポポロでは,三原市公認キャラクターの,やっさだるマンが出迎えてくれました。ゴール後には,はるのんカフェのマスター,ロッシーさんによるミニライブが行われ,会場は盛り上がりました。
学生たちは,このイベントを通して,認知症の人とその家族を支援する人たちの温かさと,このような地域活動の大切さを理解してくれたのではないでしょうか。

RUN伴1

ゴールを目指して市内を歩く様子

RUN伴2

やっさだるマンと記念撮影

RUN伴3

ロッシーさんのミニライブ


このページのトップへ