ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【作業療法学科】臨床実習指導者会議を開催しました

【作業療法学科】臨床実習指導者会議を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月8日更新

平成30年3月7日に,作業療法学科の臨床実習指導者会議が開催されました。これは平成30年度に実施される総合臨床実習の対象施設から代表者が参加し,主に打ち合わせを行うものです。今回は28の病院,医院やデイサービスから29名の作業療法士が参加しました。

会議では,昨年度の実施結果ついての報告と,次年度の実施内容についての説明と質疑応答が行われました。また,実習指導者の研修を兼ねて,教育講演とグループ討議が行われました。今回は,阪南病院の林良太先生(作業療法士)に,「地域連携を意識した精神科病院での取り組み」と題して講演をしていただいたあと,各病院や施設での地域連携の実際,作業療法士の役割と課題について意見交換が行われました。学生は,この講演を聴講しましたが,次年度に必要となる知識ということもあり,一所懸命メモを取っていました。

学生と実習指導者との個別面談の時間も設けられました。学生は臨床実習に臨む前に準備しておくことなどを質問しながら気持ちを引き締めているように感じられました。

行為園2

教育講演の様子

面談

学生と指導者との個別面談


このページのトップへ