ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 保健福祉学部 田端教授が日本作業療法士協会で初めての精神科急性期の専門作業療法士として認定されました

保健福祉学部 田端教授が日本作業療法士協会で初めての精神科急性期の専門作業療法士として認定されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月26日更新

専門作業療法士とは

 専門作業療法士とは、認定作業療法士である者のうち、特定の専門作業療法分野において「高度かつ専門的な作業療法実践能力」を有する作業療法士を指します。つまり、作業療法の中のある分野をより深く知り、その分野における高度な実践能力、課題解決能力を有する人たちです。(日本作業療法士協会)

 現在、福祉用具、認知症、手の外科、特別支援教育、高次脳機能障害、精神科急性期、摂食嚥下、の7分野が対象とされています。精神科急性期での認定は初めてで、本領域で日本で唯一の専門作業療法士の誕生となりました。

 申請日が認定日となるので2013年9月ですが、2014年4月に認定証が届きました。
認定書

このページのトップへ