ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 保健福祉学部 > 【作業療法学科】特別講義「国家試験対策」が行われました

【作業療法学科】特別講義「国家試験対策」が行われました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月28日更新

平成29年10月27日に作業療法学科の特別講義「国家試験対策」が開催されました.

講師は,東北福祉大学リハビリテーション学科の佐藤善久教授(作業療法士)でした.東北福祉大学作業療法学専攻は,国家試験対策教育に力を入れており,最も国家試験の合格率が高い大学の1つです.

3限目には1~4年次の学生を対象に国家試験の動向,学習方法などについて講義をしていただきました.また,イメージ化学習の方法を用いた「腕神経叢(わんしんけいそう)と支配筋の覚え方」について演習が行われました.学生はとても熱心に参加しており,講義中および終了後にたくさんの質問をしていました.

4限目には,作業療法学科の教員を対象とした国家試験対策の講義をしていただきました.その中で,いかに指導体制や環境を整え,スケジュールや進捗状況を管理することが大切かを教えていただきました.今後は,今回の講義を参考にし,作業療法学科全教員で国家試験対策の指導をしていきたいと考えています.

国試1

外来講師による国家試験対策講義の様子 

国試2

イメージ化学習法を用いて「腕神経叢と支配筋」を理解している様子


このページのトップへ