ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

長期留学

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

長期留学は,半年間または1年間,海外の大学に留学する制度です。
長期間の留学でしか経験できないことも多くあります。早めに目標を設定して準備を進め,ぜひ挑戦してください。

1 長期留学の種類

区 分

概  要

留 学 先

交換留学

大学間の学術交流協定等に基づき,協定校間で相互に留学する場合。

●西安交通大学(中国)

●西南交通大学(中国)

●上海対外経貿大学(中国)

●世新大学(台湾)

●ソウル市立大学(韓国) 等

協定校留学

大学間の学術交流協定等に基づき,協定校に留学する場合。

●ハワイ大学ヒロ校(アメリカ)

●ミドルセックス大学(イギリス)

●ランガラ大学(カナダ)

休学留学 

本学を休学して協定校以外の大学等に留学する場合。

協定校以外の大学,語学専門学校等

◆交換留学・協定校留学のメリット

(1) 本学に在籍したまま留学をすることができるため,留学期間,単位取得状況,実習等の有無によっては,長期留学を行った場合でも4年で卒業できる可能性があります。

(2) 授業料は本学又は留学先大学のいずれかに納付します。

(3) 交換留学・l協定校留学の場合は,学内奨学金の支給対象となります。

(4) 原則,協定校が大学寮等の宿泊先を斡旋します。

2 留学期間・在学期間

 [交換留学・協定校留学] 留学期間は,在籍中通算で1年を超えないものとします。また,留学期間中も本学の在学期間に算入されます。

 [休学留学] 留学期間中は休学扱いとなるため,在籍期間に算入されません。そのため,休学留学を行った場合は,留学した期間分は卒業が遅れることになります。

 

 3 応募資格

 [交換留学・協定校留学] 次の条件を満たす場合に応募できます。

(1) 2年次以上に在籍し,学業成績等が優秀であり,かつ,留学先大学等において授業を受けるに足る語学力を有していること。

(2) 心身共に健康であること。

(3) 留学先大学が指定する条件を全て満たしていること。

(4) 誓約書に記載されている事項に同意し,保護者や保証人の同意を得ていること。

 4 学費・奨学金

 (1)県立広島大学交換留学生等支援奨学金【返還不要】

協定校へ留学を行う学生を対象とした本学独自の奨学金制度(返還不要)を設けています。学内審査後,留学期間中,月額2万円~7.5万円を支給します。交換留学(主にアジア圏の協定校)の場合は月額5万円,協定校留学(主に欧米圏の協定校)の場合は月額2~7.5万円(留学先大学への納付額に応じて決定)が支給されます。

 (2)渡航費助成【返還不要】

奨学金とは別に,欧米圏の協定校に留学する学生を対象に渡航費助成を行っています。渡航費用の合計額から10万円を控除した額の半額または10万円のいずれか低い額を支給します。

 

5 語学条件・学力基準

欧米圏の大学では,入学の条件として,TOEFLやIELTSのスコアを留学条件として設定しています。長期留学を検討している場合は,まず申請に必要なスコアを確認し,早めに目標とするスコアを取得できるようにしましょう。

TOEICテストを受験しよう!

6 提出書類

(1) 派遣留学申請書及び志望理由書 申請書・志望理由書(様式) [Wordファイル/55KB]

(2) 成績証明書(証明書自動発行機から各自,印刷すること。欧米圏への留学を希望する場合は,「証明書交付願」を教学課に提出し,英語版の成績証明書も提出すること。

(3) 語学能力証明書の写し(TOEFL や IELTS,中国語検定等)

(4) 健康診断証明書の写し

問合わせ先

国際交流センター

734-8558 広島市南区宇品東一丁目171

電話番号 (082)251-9607

 

 


このページのトップへ