ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育・研究・地域貢献 > 生涯学習 > 公開講座 > 公開講座「楽な介護とセルフケアのために~介護での体の動かし方」を開催しました。

公開講座「楽な介護とセルフケアのために~介護での体の動かし方」を開催しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月6日更新

 平成29101日午後1時より,保健福祉学部の積山和加子助教を講師に公開講座「楽な介護とセルフケアのために~介護での体の動かし方」を庄原市のふれあいセンター集会室で行いました。

 7名の参加に加え,保健福祉学部の学生3名が講座補助を実施しました。腰痛が起こる理論に腰痛防止方法という座学に加え,人が立つ原理,人を移動するうえで楽な方法など,実際に役に立つ方法を体を使って実践形式で学習しました。受講生7名の満足度も高く,学生自身も教える良い経験となりました。講座終了後に修了証書を7名全員にお渡ししました。

 募集定員15名で,来年度以降,類似した講座を実施する場合は,広報方法にも工夫を加え,より多くの方に参加いただきたいと考えています。

 

291001koukaikouza        291001koukaikouza

          講座の一場面                             学生とともに実践


このページのトップへ