ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部 > 生命環境学部の特色

生命環境学部の特色

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月4日更新

「地球に役立つ」科学を探求する。

 生命環境学部の目的は,生命科学と環境科学を密接に関連付けて,医療・環境・食料などの多様な現代的問題を解決し,最先端の研究を通して地域に貢献する人材を育成することです。

 そのため,生命科学と環境科学の両方を同時に学べるカリキュラムの履修や,自然科学の深い理解と広範囲な知識・技術の体得により,複合的な視野を持った技術者・研究者を育成します。

カリキュラムの特色

1 研究者・技術者養成のための基盤充実

 専門基礎・実験演習科目・専門科目の合理的・系統的配置による教育

2 高度な専門科目ときめ細かい指導

 合理的かつ体系的な専門教育と2年間必修の卒業研究により複合的・学際的視野をもつ人材の育成

  生命環境学部の特色生命環境学部の特色 

研究活動の特色

1 積極的な共同研究の実施

 重点研究成果の教育活動への反映

2 最先端研究への学生の参加

 最新技術の修得と全員卒業研究

 生命環境学部の特色生命環境学部の特色


このページのトップへ