ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部 > 【報告】 環境科学科 卒業論文Ⅰ 中間発表会の優秀発表者が決定しました

【報告】 環境科学科 卒業論文Ⅰ 中間発表会の優秀発表者が決定しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月12日更新

【報告】 環境科学科 卒業論文Ⅰ 中間発表会の優秀発表者が決定しました

卒業論文Ⅰ 中間審査会 優秀発表者の表彰について

環境科学科では、卒業論文Ⅰ(3年次履修)において、卒業論文中間発表会を実施しています。

平成28年12月6日に実施しました卒業論文中間発表会について、
評価の高かった学生(上位3位まで)は以下の通りでした。優秀発表者として、ここに表彰します。


石川実可子 (青柳研究室)
尾崎寛子 (青柳研究室)
山本千里 (松本研究室)

中間発表会の評価方法(参考)

本審査会は、以下の7つの視点で、学生1名に対し、複数名の教員が評点を付して評価しました。


1.「背景・目的」:十分に整理されているか(レビュー等)。研究に必要な基礎的知識を習得しているか。
2.「実験方法」:方法が適切か。十分理解しているか。
3.「結果と考察」:結果を適切にまとめているか。考察ができているか。
4.「まとめと今後の方針」:まとめや課題,今後の方針が整理されているか。今後取り組む内容が理解できているか。
5.グラフや図表が適切に作成されているか。
6.分かりやすい説明であるか。質疑応答が的確か。
7.総合的にみて,卒論に意欲的に取り組んでいると認められるか。


環境科学科

表彰式の様子

表彰式の写真

このページのトップへ