ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部 > 【環境科学科】 小林准教授と大東建託様との研究がウェブと環境報告書で紹介

【環境科学科】 小林准教授と大東建託様との研究がウェブと環境報告書で紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月16日更新

小林准教授と大東建託様との研究がウェブと環境報告書で紹介

環境科学科の小林謙介准教授は、わが国最大の住宅供給事業者である大東建託様と共同研究を実施しており、

ライフサイクルアセスメント(LCA)を用いた住宅の環境負荷削減等のための様々な取り組みを行っています。

その取り組みの内容が、大東建託様のウェブサイトおよび環境報告書でとりあげられました。

 ・LCAを用いた研究開発の状況

 ・自然資本会計

 ・住宅分野で国内初の「カーボンフットプリント宣言認定」

 *大東建託様2017年環境報告書(20ページ目~)

大東建託環境報告書表紙

大東建託様とは引き続き共同研究を実施し、さらなる環境負荷削減策の検討を実施する予定です。

環境科学科


このページのトップへ