ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部 > インドネシア・タイの大学とミニシンポジウムを開催しました!

インドネシア・タイの大学とミニシンポジウムを開催しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月28日更新

 平成251024日(木曜日),生命環境学部においてインドネシアとタイの大学とのミニシンポジウムを開催しました。 参加した大学は,大学間学術交流協定を締結しているキングモンクット工科大学トンブリ校(タイ)とアンダラス大学(インドネシア)に加え,カセサート大学(タイ),コンケン大学(タイ),ジェンバー大学(インドネシア)の5大学で,生命環境学部がホストを務めました。

参加者集合写真

各大学の概要説明

  大学の全般的な説明に加え,主な研究課題なども紹介されました。

説明の様子1 説明の様子

 参加者全員でのランチ

 ラウンジを利用して,学部開発商品を紹介し,昼食を共にしました。
 ランチョンミーティングも活発に行われました。

学部開発商品を紹介 ランチの様子

 ミニシンポジウム「Utilization of Bioresources(生物資源の活用)」

 参加大学の教員及び大学院生による研究発表が行われました。

ACETONE-BUTANOL-ETHANOL PRODUCTION FROM LIGNOCELLULOSIC MATERIALS
Ariyah Terasawat, Ph.D. student
Department of Microbiology, Faculty of Science, King Mongkut’s University of Technology Thonburi

プレゼンテーション1(Ariyah Terasawat) 

Isolation and Characterization of Bacteriocin Produced by Budu, A Traditional Fermented Fish Product Of West Sumatera

Yusra1, Fauzan Azima, Novelina2 and Periadnadi3
1Graduate Program Andalas University
2Departemen of Agricultural Processing Technology, Faculty of Agricultural Technology
3 Departemen of Biology, Faculty of Matematics and Natural Sciences,
Andalas University

プレゼンテーション2(Yusra) 

NUTRITIONAL COMPONENTS OF RENDANG

Rini*), Fauzan Azima**), Kesuma Sayuti **), Novelina**)
*) Phd student of Agriculture Technology Faculty
**) Lecturer of Agriculture Technology Faculty, Andalas University

プレゼンテーション3(Rini) 

Direct Seeding Method using Iron-coated Rice Seeds

Yuuki Chikawa and Tomio Itani
Faculty of Life and Environment Sciences, Prefectural University of Hiroshima

 プレゼンテーション3(Yuuki Chikawa)

Development of Food made from local Agricultural Products

Associate Professor : Tomoyuki Yoshino
Prefectural University of Hiroshima, Faculty of Life and Environmental Sciences

プレゼンテーション5(Tomoyuki Yoshino) 

質疑応答の様子

質疑応答の様子1 質疑応答の様子2


このページのトップへ