ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部 > 2016年のフィールド科学実習 秋の食品加工実習を紹介

2016年のフィールド科学実習 秋の食品加工実習を紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月20日更新

フィールド科学実習 秋の食品加工

秋のフィールド科学実習の食品加工に関するものを紹介します。10月にサツマイモ・なると金時を圃場で収穫しましたが、これを焼き芋にしていただきました。籾殻でじっくり約2時間かけて焼き上げました。こうするととてもおいしくなるのですが、その理由を学習していただきました。また、後期の実習は稲刈りからスタートしたのですが、その後、脱穀、玄米、精米などの過程や収量構成要素の学習をして、食味評価の実習です。これは、多くの食品加工品に活かせる評価法です。また、12月には地元産のそば粉を使ったそば打ち実習です。水まわし、くくり、延ばし、たたみなどいろいろ難しいですが、それがまた楽しいものです。最後は麺にして食べていただきました。今年もおいしくできました。
サツマイモの焼き芋 水稲食味評価試験
そば打ち

このページのトップへ