ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部 > フィールド卒論の学内公開中間発表を開催

フィールド卒論の学内公開中間発表を開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月4日更新

フィールド科学卒論の学内公開の中間発表会を実施

8月4日4限にフィールド科学教育研究センター教室において、フィールド科学卒論の学内公開の中間発表会を実施しました。3年生2名と4年生2名の計4名がサツマイモによる地域振興,特産広島菜漬の鮮度保持,女性起業家促進,鹿肉の有効利用についてそれぞれ発表しました。1~2年生を中心としたフィールド科学卒論に興味を持つ40名弱の学生と奥学部長,学科長,センター長をはじめ10名以上の教員が参加し,同教室内はほぼ満席状態でした。学生からの積極的な質問も多く,教員からは貴重なアドバイスを多数いただき,有意義な会になったと考えます。地域振興につながる卒論研究をこれからもご支援よろしくお願いします。
盛況な卒論中間発表 3年生はまだまだ駆け出しです。暖かい目でみてください。
4年生の研究は進んでます。それでもまだまだたくさんのご意見が…。期待の現れです。

このページのトップへ