ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部 > 【2018年度フィールド科学実習】(4) 水稲田植え,メロン傘かけ,タマネギ収穫,ブドウジベレリン処理等

【2018年度フィールド科学実習】(4) 水稲田植え,メロン傘かけ,タマネギ収穫,ブドウジベレリン処理等

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月6日更新

フィールド科学実習の第4回目を実施しました。水稲田植え,メロンの傘かけ,タマネギ収穫,ブドウのジベレリン処理等を実施

5月29日(a班)と6月5日(b班)に今年度第4回目のフィールド科学実習を行いました。自分たちが種子をまき,育苗した水稲の田植えから始まりました。メロンも大きく肥大してきておりますが、1株に2つ残していた果実を1果に選果。傘かけまで終わりました。タマネギも葉が倒伏し収穫と収量調査をしました。ブドウはジベレリン処理が始まり,ナシの袋かけなども行いました。

水稲の田植え b班は雨の中の田植えとなりました。

水稲の田植え(5月29日a班)
b班田植え

ブドウのジベレリン処理、a班はナシの袋かけ 名前が入っているので落ちないように!

ブドウのジベレリン処理
ナシ 豊水の袋かけ

メロンの選果・摘果と傘かけ作業 タマネギの収穫では大物があると嬉しくなります。b班は雨でしたが果菜類の支柱立てを行いました。キュウリが収穫できました。野菜の作業の終わりにはみんなハウス栽培のイチゴを食べて満足です。

メロンの選果
タマネギの収穫(5月29日a班)
野菜管理 支柱立て、芽かき作業

このページのトップへ