ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部 > 【2018年度フィールド科学実習】(11) 水稲やサツマイモの収穫調査、柿の脱渋

【2018年度フィールド科学実習】(11) 水稲やサツマイモの収穫調査、柿の脱渋

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月7日更新

収穫の秋。水稲やサツマイモの収穫調査、西条柿の脱渋、新興梨収穫等

収穫の秋を迎えました。a班は10月30日、b班は11月6日と昨年より少し遅くなりました。朝は一段と寒くなってきました。a班はくもり、b班は朝は深い霧でしたが、午後はまだ冷え込みが残るもののいい天気となりました。水稲は坪刈試験区の脱穀・玄米収量調査、登熟歩合や千粒重など収量構成要素の調査も行いました。サツマイモも試験区ごとの茎葉重や芋重などの収量調査を行いました。果樹では新興梨やりんご王林の収穫と西条柿の脱渋を行いました。脱渋していない柿との食べ比べに挑戦した学生もいました。フィールド科学卒論配属の説明がセンター長からあり、盛りだくさんの回が終了しました。

水稲の脱穀作業と収量構成要素の調査

脱穀作業
収量構成要素の調査

サツマイモの収穫調査 茎葉重測定と芋掘り取り調査 今年は班により品種や投入資材を変更しています。

サツマイモの収穫調査 茎葉重測定 
サツマイモ収穫調査 重量測定

西条柿の脱渋、なし新興とりんご王林の収穫

西条柿の脱渋
新興梨の収穫
りんご収穫

フィールド科学卒論の説明

フィールド科学卒論説明

このページのトップへ