ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 生命環境学部 > 【2018年度フィールド科学実習】(13) 炊飯米食味評価、そば打ち 白菜の収穫

【2018年度フィールド科学実習】(13) 炊飯米食味評価、そば打ち 白菜の収穫

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月4日更新

水稲炊飯米の食味官能評価、そば打ちと白菜の収穫等

今年は今のところ暖かい日が続いています。雪が降った日もありません。a班は11月27日、b班は12月4日に実施しました。水稲は炊飯米の食味官能評価試験で例年どおりフィールド科学教育研究センター圃場で作ったお米を食べ比べしていただきました。そば打ちは地元一木(ひとつぎ)のそば粉を今年も使いました。白菜は今年は4kg級の大物が多くなっており、持って帰るには大変そうな状況です。

水稲炊飯米の食味官能評価 みんな違ってみんないい。

食味官能評価試験
食味官能評価試験2

そば打ち 最後は太麺になったり、一寸になったりしましたがみんなで楽しく美味しくいただきました。そばかりんとうも最高でした。

そば打ち
そば打ち
そば切り
そば切り

白菜の収穫 大きいので自然と笑顔になります。いろいろな鍋料理の構想がふくらみます。

白菜の収穫

このページのトップへ