ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 経営情報学部 > [経営情報学科]高大連携公開講座を開講しました

[経営情報学科]高大連携公開講座を開講しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月1日更新

[経営情報学科]高大連携公開講座を開講しました

【講 座 名】

社会を支える情報の世界

【開 講 期 間】

平成27年7月25日(土)

【講 座 内 容】

・災害時の情報収集・活用システム 
  災害発生時には迅速な被災地の情報収集が不可欠です。本講義では通信回線が停止する状況でも被災情報を収集し,その地域全体の被害を俯瞰的に把握するための情報システムについて説明しました。

・経営+情報=???
   情報(コンピュータ)をうまく活用することによって,より効率的な経営をすることができます。本講義では身近に存在するシステムや仕組みを例にして,経営になぜ情報が必要で,情報によってなぜ効率的な経営になるのかを分かりやすく説明しました。

・少子化と情報技術
   少子化が大きな課題になっている今,様々な取り組みがなされています。本講義では胎児心電図の抽出システムを取り上げ,「産む」ための安全安心を図り,少子化対策に貢献できる情報技術についてやさしく説明しました。

・2輪型倒立振子で遊ぼう 
  私たちの生活の中では様々な場面で制御が行われています。本講義では倒立状態を維持したままで移動する2輪型倒立振子を用いて自動制御のしくみについて分かりやすく説明しました。

【受講生からのアンケート結果】

・いろいろ情報のことを勉強できてよかったです。
・無線を防災に活用する内容はわかりやすくて勉強になりました。
・倒立振り子の演習はとても楽しかったです。
講義風景(演習室)
写真:講義風景(演習室にて)
講義風景(教室)
写真:講義風景(教室にて)

このページのトップへ