ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 経営情報学部 > [経営情報学科]平成28年度 高大連携公開講座の開催報告

[経営情報学科]平成28年度 高大連携公開講座の開催報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年9月9日更新

[経営情報学科]平成28年度 高大連携公開講座の開催報告

 去る7月23日(土)に,経営情報学科では,高大連携公開講座のひとつとして「情報学入門―人間社会を支える情報学―」を開講いたしました。当日は15名の高校生の皆さんに聴講いただきました。なかには岡山からも参加してくれた高校生もいて,興味を持っていただいたことに大変感謝します。
 以下に,当日の講座の様子を報告いたします。次回のご参加の参考にしていただければと思います。

講 座 名

情報学入門―人間社会を支える情報学―

開 催 日 時

平成 28年 7月23日(土)9時 30分 ~ 12時 30分(うち,10分休憩2回)

講 座 内 容

1.本講座の紹介 
 現代社会では身の回りに情報学の研究成果があふれていること,また「情報」はこれからの社会において,水,電気,ガスなどの生活インフラについで重要な社会インフラのひとつであり,人間社会を豊かにしてくれるものであることを説明しました。

2.デジタルモノづくり入門 【担当:宇野 健 准教授】
 本講義では,プログラミング教育の必修化など最新の話題を解説し,実際に研究室で開発したアプリなどを例として,『デジタルものづくり』の魅力を紹介しました。

3.コンテンツ指向型ネットワーク入門 【担当:重安 哲也 准教授】
 本講義では,現在のインターネットの仕組みを平易に解説し,その上で次世代のコンテンツ指向型ネットワークについてわかりやすく説明しました。

4.ゲーム理論入門 【担当:竹本 康彦 准教授】
 本講義では,コンビニでの出店戦略を題材に,人間社会を理解するためのゲーム理論について紹介しました。
講座の様子
写真:講義風景(宇野准教授の講義)

受講生の感想(一部抜粋)

○多少むずかしいことばは出てきたが,情報学に関する知識を増やすことができ,学んでみたい意欲が高まって,講座を受けてよかったと感じた。
○ここで将来役に立つ知識を学びたいという気持ちを強くさせてくれる講座だった。
○高校生でもわかるように丁寧に教えてもらい,参加してよかった。また機会があったら参加したい。
○経営情報学がどのような学問かわかりやすく説明してもらった。受験生にとって,とてもいい講座だった。
○私たちの生活にとても関わりが深い学科だということが,よくわかった。
○プログラム,ネットワーク,ゲーム理論の説明を聞いてとても興味を持った。

今後の公開講座の案内

 経営情報学科では,学科での教育・研究の紹介を目的に,以下の「経営情報学連続講座」を開講します。皆さんのご参加をお待ちしております。

このページのトップへ