ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 経営情報学部 > 【経営情報学科,情報マネジメント専攻】学生が情報処理学会主催ワークショップで研究発表し表彰されました

【経営情報学科,情報マネジメント専攻】学生が情報処理学会主催ワークショップで研究発表し表彰されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月20日更新

経営情報学科と情報マネジメント専攻の学生が情報処理学会主催ワークショップで研究発表し表彰されました

1011日から3日間,北海道北見市で開催されたにおいて,経営情報学科学生と情報マネジメント専攻大学院生の計3名が研究発表を行いました。

同ワークショップは,現在,盛んに研究が進めらているIoT分野を始めとする先端情報分野における研究のうち,査読によって審査を通過した論文のみが発表されるレベルの非常に高い学会です。

今回,同ワークショップには,本学から3名の学生(山本真由さん(経営情報学科4年生),青木美帆さん(情報マネジメント専攻1年),國安哲郎君(情報マネジメント専攻2年))が主著者となっている以下の3件の論文の発表を行いました。

  1. 青木美帆,重安哲也,コンテンツ指向型ネットワークにおけるユーザ位置に基づいた協調キャッシュ容量割当手法
  2. 山本真由,綿野陽香,重安哲也,Bloom Filter の類似性に基づくコンテンツ指向型ネットワークにおけるRe-route手法
  3. 國安哲郎,重安哲也,WSN向けコンテンツ指向型データ収集におけるユーザの嗜好とキャッシュの類似度に基づいた経路集約手法

なお,上記のうち3の國安くんの発表は,論文の査読結果に基づき,奨励賞を受賞しました。また,併せて,発表内容についても審査員から高く評価され優秀プレゼンテーション賞を受賞するなど,2件の表彰を受けました。

表彰式

学会Webページ

マルチメディア通信と分散処理ワークショップ (DPSWS2017)

(表彰結果も同ページに記載されています)


このページのトップへ