ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 経営情報学部 > 【経営学科】大学生観光まちづくりコンテスト2017大分Sに参加しました

【経営学科】大学生観光まちづくりコンテスト2017大分Sに参加しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月20日更新

 経営学科の和田ゼミ(3年生)は平成25年度から毎年,観光庁等が後援する「大学生観光まちづくりコンテスト」にエントリーしています。今年度は,ゼミ生が2チームに分かれ,北陸ステージと大分ステージにエントリーしました。

 このうち大分ステージにエントリーしたチーム「ちーむ女子力」(男性1名,女性3名(ベトナム人留学生1名を含む))は,ベトナム人家族が大分県佐伯市での農家民泊と自然体験,文化体験を通じて家族の絆を深める旅行プラン「OITA NEW ALBUM “Be a family”」を立案しました。このプランの立案に先駆け,学生たちは8月8〜9日の2日間,大分県佐伯市で農家民泊を体験してその経営者から話を聞いたり,市役所職員や地域おこし協力隊員から話を聞いたりしました。現地調査をもとに学生たちがまとめたプラン「OITA NEW ALBUM “Be a family”」は,上位10チームが出場する本選には選ばれませんでしたが,本選に合わせて開催されるポスターセッション参加チームに選ばれ,学生たちは9月19日(火)にホルトホール大分(大分県大分市)でその内容を発表しました。

 こうした経験は,学生たちにとって地域調査,構想・企画,資料作成,説明などの実践的な学びの機会になったと思われます。また,留学生にとっては,貴重な日本文化体験機会になったようです。

(文責:和田)

 

現地調査の様子

現地調査の様子

プラン発表の様子

プラン発表の様子


このページのトップへ