ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 大学紹介 > 広報 > メディア掲載情報 > 【メディア掲載】助産学専攻科 藤井准教授が三原市助成事業の研究成果を発表(中国新聞)

【メディア掲載】助産学専攻科 藤井准教授が三原市助成事業の研究成果を発表(中国新聞)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月3日更新

平成29年9月29日(金曜日)中国新聞 掲載

助産学専攻科 藤井 宏子 准教授

  平成29年9月27日に,三原市県立広島大学研究開発助成事業成果発表会が三原市のリージョンプラザで開催され,本学助産学専攻科の藤井准教授が,三原市からの課題提案を受け調査・研究を行った「多文化共生時代における三原市の外国籍居住者の生活に関する調査」の結果が,中国新聞に掲載されました。

 本学と三原市は,平成18年から包括的連携・協力を締結しており,連携事業の一つとして毎年,「三原市県立広島大学研究開発助成事業」を実施しています。これは,本学の研究者が所有するシーズを活用して行う三原市の保健福祉等に関する調査・研究等について,三原市から助成を受け,その成果を三原市へ還元することにより,三原市の振興や地域経済の活性化に貢献することを目的としています。

藤井准教授の研究者紹紹介はこちら

発表する藤井准教授発表会で報告を行う藤井准教授


このページのトップへ