ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 三原キャンパス > 【コミュニケーション障害学科】プレ実習について

【コミュニケーション障害学科】プレ実習について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月16日更新

【コミュニケーション障害学科】プレ実習を行いました

コミュニケーション障害学科2年次生が3日間のプレ実習を行いました。プレ実習では来年度に控える学内・学外臨床実習の準備として行う実践的な演習です。
 成人の演習では,実際の言語聴覚療法の臨床の流れをシミュレーションし,仮想カルテや言語検査などのビデオ教材から,必要な情報を読みとる事や,訓練計画を考えたり,訓練教材を作って実施方法をプレゼンするまでを実践します。
 学生はこれまでに学んだ知識や技術を総まとめしつつ、グループワークや積極的な意見交換を行なっていました。

実施後のアンケートでは以下のような感想を寄せてくれました。

・「プレ実習を通してなぜその訓練を行うのか,患者さんのどんな能力を向上させたいのかなど根拠を持っていろいろなことに取り組むことができた」
・「初めて訓練計画を立てることができ,学内学外の実習に向けて見通しを立てることができた」
・「言語聴覚士の目線を教えていただき,何が問題となっているのかが見えてくるととてもわくわくした」
2017プレ実習の様子

このページのトップへ