ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 三原キャンパス > 【作業療法学科】織田助教がFMみはら「教えてドクター」に出演します

【作業療法学科】織田助教がFMみはら「教えてドクター」に出演します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月10日更新

作業療法学科の織田靖史助教がFMみはらの番組 『教えてドクターに』 出演します。

日時は,7月15日(月曜日)~7月19日(金曜日)まで,毎朝8時30分ごろから5~10分程度です。

今回は,「マインドフルネス」をテーマに5回に渡ってお話します。

マインドフルネスは,現在,医療はもちろん,教育,司法(矯正教育),スポーツ,宗教,産業など様々な分野で注目されています.特に産業界では,有名企業が取り入れたことで注目を集め,ダボス会議でも取り上げられるなど大きな関心がもたれており,研修なども盛んに行われています.

各回のテーマは次の通りです。

1回目(7月15日) : マインドフルネスとは?
 マインドフルネスという瞑想についての概要をご説明します。

2回目(7月16日) : マインドフルネスの効果
 マインドフルネスを行うことでどのような効果があるのかについて,特に脳科学による知見を中心にお伝えします。 

3回目(7月17日) : マインドフルネスの実施方法
 マインドフルネス瞑想は,実践がすべてだとの言われています.実際の方法や注意点(副作用)についてご説明します。

4回目(7月18日) : マインドフルネスを行った事例
 マインドフルネス瞑想行うと,どんな風な体験をするのかについて,研究の知見や実際の事例を通してお話します。

5回目(7月19日) : 生活の中にあるマインドフルネス
 わたしたちにとって瞑想は生活の中にも溶け込んでいます。作業療法士の視点から,生活の中で意外と行っているマインドフルネス要素に着目し,生活の中でもできそうなところに目を向けてご紹介します. 

FMみはらではインターネットによる同時放送を行っております。
ラジオがなくても,パソコンやスマートフォンで放送をリアルタイムでお聴き頂けます。
以下のページにアクセスください。

  FMみはら インターネットサイマル放送


このページのトップへ