ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 宮島学センター > 「県立広島大学の文化財-毛利氏・宮島・地域のたから-」関連事業 展示資料の拓本を取りました。

「県立広島大学の文化財-毛利氏・宮島・地域のたから-」関連事業 展示資料の拓本を取りました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月17日更新
みよし風土記の丘ミュージアム(広島県立歴史民俗資料館)で開催される、平成27年度新春の展示会「県立広島大学の文化財-毛利氏・宮島・地域のたから-」(平成28年2月19日~3月21日)では、県立広島大学が所蔵する文化財のうち、70点を展示します。

その中のひとつ、宮島学センターが所蔵する「安芸厳島細見之図版木」は、宮島を描いた木版画「安芸厳島細見之図」を刷るための版木です。

平成27年12月、国際文化学科の鈴木康之准教授の指導のもと、国際文化学科の3年生が、この版木を用いて拓本のとりかたを学びました。
拓本
拓本をとる様子 
拓本2
版木の拓本
拓本の画像を左右反転させたもの
拓本のとりかた
 1 版木の上に和紙をおく
 2 霧吹きで和紙を湿らせる
 3 タンポを使って、拓本墨を和紙にのせる
 4 新聞紙などにはさんで乾燥させる
 
この授業でとった拓本の画像を、左右を反転させて作成したパネルを、新春の展示会「県立広島大学の文化財-毛利氏・宮島・地域のたから-」で展示します。
版木とともに、ぜひ会場でご覧ください。

このページのトップへ