ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > サテライトキャンパスひろしま > 【開講レポート】マネジメント特別講座(4)「広島の田舎は宝の山~日本の農村資源を都市のニーズとつなげば10兆円産業が動き出す~」を開講しました

【開講レポート】マネジメント特別講座(4)「広島の田舎は宝の山~日本の農村資源を都市のニーズとつなげば10兆円産業が動き出す~」を開講しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月7日更新

広島の田舎は宝の山~日本の農村資源を都市のニーズとつなげば10兆円産業が動き出す~」の様子を紹介します!

 平成26年10月6日(月)に,マネジメント特別講座(4)「広島の田舎は宝の山~日本の農村資源を都市のニーズとつなげば10兆円産業が動き出す~」を開講しました。

 はじめに,本講座を担当する本学の小見特任教授が講師を紹介し,続けて,特定非営利活動法人えがおつなげての代表理事である曽根原 久司氏が講義を行いました。
 日本の農村には,耕作放棄地,未利用の森林資源,観光資源,自然エネルギー資源など,膨大な資源=「宝」があります。これらを上手に活用すれば,合計10兆円の産業と100万人の雇用創出につながることについて,多くの事例をもとに話がありました。

講師紹介講師

紹介

県立広島大学 小見特任教授
講師紹介

講師

特定非営利活動法人えがおつなげて
代表理事 曽根原
久司

講義講義風景

講義風景1
講義風景

講義風景2
イベントの様子

受講者の声

  受講後のアンケートの中から,受講者の声を紹介します。

 「農業はこれから主要産業となるのではと思っていたが,実例が聞けて本当に役に立った。」,「私の地元でも活用したい。大変元気の出る内容だった。」,「テーマを超えた,内容の濃い,希望を与える講演だった。」,「学生の立場として,若者も農業に積極的に参加していくべきだと思った。」などの感想がありました。

【参考】

 当該講座の募集時の資料をご覧になりたい方は,こちらで御確認ください。 → マネジメント特別講座(4) 募集要項


このページのトップへ